top of page

森にかよう道をつくる

「森にかよう道」づくりを仕事にできたらいいな、と思う。


 「はにわの森」を始めた2018年、100mほどの小道を作った。


 チェーンソーと草刈り機を使って、敷地内を流れる小川沿いに森を拓いた。


 その道をこれまで、1000人を超える人たち


が歩き、森にかよってくれた。


 10月18日の「ツリーハウスおひろめ会」、またたくさんの方が森にかよってくれる。


<ツリーハウスおひろめ会@はにわの森



 こんな県境の水源地まで、本当にありがたい。


 こちらはもう肌寒いので、フリースを羽織って来て欲しい。


 ちょうど秋祭りも近いし、郷土料理「こけら寿司」でおもてなしをしたい。


 そんなことを、地域のおやじさんと話しながらシイラをさばく。


 わずか十数世帯のため、冷蔵技術が進んで生食可でも、塩をふる。


**********


 最近「手塩にかけて育てる」という言葉を使わない、自然にそんな話にもなった。


 「暮らし」が息づいた馴染みやすい言葉だな、と思う。


 そんな里山での「暮らしが学校」だと教えてくれた団体は、いま苦境に立っている。


<グリーンウッド自然体験教育センター>


 山村留学を34年も続け、「森にかよう道」を整備しつづけてきた。


 田舎の教育力への渇望はまた盛り上がりを見せ、「地域みらい留学」という名で仕立て直されている。


<withコロナの事態の地域で暮らしを学ぶこと>


 僭越ながら、地元でも同取組を進めるサポートにあたり、調べてみるとオンラインコンテンツの洗練に驚かされた。


 もはや都市と田舎という構図がなくなり、好きな場所で好きな暮らしをデザインできる。


 海や森が近くにある里山の暮らしを師と仰ぎ、縁のある地域社会を学びの場とし、最新情報はインターネットで入手する。


 分散型の持続可能な社会の生涯学習環境整備は、実はもう完成している気がする。


 私が通っていた「真庭なりわい塾」でも、コロナ禍を逆手にとり、優れたオピニオンリーダーたちをつないだオンライン講座が開かれている。


<真庭なりわい塾オンライン講座>


 第1回目は農業史が専門の藤原先生だった。


 これはチャンスと読んでみた「ナチスのキッチン」。


 こんなところでセントラルキッチン論が出てこようとは、人生どう転ぶか分からない。


 イスラエルのキブツ(集団農場)での生活では、効率化のためセントラルキッチンがあった。


 個人以上家族未満の村社会が同じ釜の飯を食う、懐かしい話だった。


 ちょうど昨日の魚河岸に似た工場的な空間が台所裏にあり、そこが私の持ち場だった。


 たった十数世帯のため「手塩にかける」こと、いまもやっていることは少しも変わらない。


 田舎では「地域にあるソレから世界を見通せる力」が身につくと、「逆境の中に身を置くことで成長する」と、先に紹介した動画で話されていたが、自分の経験から妙に納得した。


 「森にかよう道」の、道中ではそんな話もできたらいいなと思う。

閲覧数:165回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page